顔そりでニキビ予防するなら

顔そりでニキビ予防するなら…

ニキビ予防したい女子

 

顔にうぶ毛が生えているとメイクのノリが悪くなりますし、化粧崩れも起こしやすくなります。また、毛穴が目立ってしまうこともありますので、日頃からしっかりと処理を行っておきたいところです。ただし、肌トラブルを起こしている時には処理を行うことで更に酷いトラブルを引き起こしてしまうケースもありますので、負担のかからない方法を模索しなければなりません。

 

例えば、ニキビができている場合の顔そりはとても難しいものです。凹凸の大きい部分はそるのが大変ですので、なるべく避けてそるようにします。処理を行っていない部分が目立ってしまう場合には、少しずつ周囲からニキビ部分に近づけていき、ギリギリのところまで行うようにすると見た目には目立ちません。カミソリは処理を行う人の器用さによって結果に差が出ますので、可能なら電動シェーバーで処理を行うのが無難です。電動シェーバーでも先の小さなタイプを利用すれば、狭い範囲も効率良く処理できます。

 

顔そりや顔脱毛の方法はこちら

 

顔そりはニキビ予防にもなる?

実は顔そりをきちんと行うことは、ニキビ予防にもなります。毛穴が綺麗な状態になりますので、皮脂も詰まりやすくなります。皮脂が詰まると白ニキビになり、それが酸化すると黒ニキビになります。更に酷くなると炎症を起こす赤ニキビになり、最も酷い部類に入るのが化膿している黄ニキビです。

ニキビのできるメカニズム

皮脂は誰でも分泌されていますが、長い時間毛穴の中で留まることにより酸化してアクネ菌をはじめとした雑菌が増殖します。それが原因でニキビが発症し、皮膚環境が改善されない限り完治することは難しくなります。これがニキビのできるメカニズムですが、皮脂の分泌量にはホルモンバランスという目には見えないものも関係していますので、簡単に改善することは難しいと言えます。

ニキビがあるときの顔そり

実際にニキビができている時には、できるだけ顔そりを行わない方が安全ですが、黒ニキビや白ニキビの段階なら慎重に行えば問題ありません。皮膚に傷をつけないように気をつけながら、力を入れずにそるのがコツです。赤ニキビや黄ニキビになると炎症を起こしていますので、外的刺激に非常に弱い状態です。その状態の時にカミソリやシェーバーで処理を行うと皮膚への負担が大きくなって、メラニン色素の生成を促したり炎症が酷くなったりします。その周辺を処理することは問題ありませんので、ニキビができていない範囲を処理するだけで済ませるようにします。痛みがある時には触れるだけでも負担になります。